コーヒーに砂糖とミルクを入れる順番

コーヒーに砂糖とミルクを入れる順番

買って良かった >> コーヒーに砂糖とミルクを入れる順番

 

コーヒーに砂糖とミルクを入れる順番

コーヒーをよく飲みます。

ただブラックコーヒーは苦手で,砂糖(シロップ)とミルクを必ず入れます。

ある日,ふと「砂糖(シロップ)とミルクを入れる順番って決まってるのか?」「入れる順番によって,味が変わるのか?」と思いました。コーヒーをよく飲む身としては,今の内に調べておいて,今後のコーヒーライフを楽しみたいと思いました。

調べてみると,アイスコーヒーとホットコーヒーとで順番が逆ということです。

 

スポンサーリンク

 

(1)アイスコーヒーの場合 ミルク⇒砂糖(シロップ)の順番

砂糖(シロップ)を先に入れてしまうと,底に沈んでしまうため,甘さが偏ってしまうようです。なので,まずはミルクを入れ,砂糖(シロップ)を入れ,よくかき混ぜると甘さが偏らないので良いということです。

 

(2)ホットコーヒーの場合 砂糖⇒ミルクの順番

ホットの場合は,アイスと時とは逆になります。

先にミルクを入れてしまうと,コーヒーの温度が下がってしまいます。なので,先に砂糖を入れて溶かしてしまうことが重要です。

その後,ミルクをコーヒーの中央から注ぎ,20秒ほど待つと,ミルクが温まるので,コーヒー全体の温度が下がりにくく良いということです。

 

いかがでしたでしょうか?ちょっとしたことですが,これを知っているだけで,今後美味しいコーヒーを飲むことができます。

ぜひ試してみてください。